音彩

~ 音の彩り ~

←前のページ

次のページ→

ガヴリリュク ピアノ リサイタル


ウクライナ出身の26歳のピアニスト、
アレクサンダー・ガブリリュクのピアノリサイタルを
聴いてきました(オペラシティー コンサートホール)。
月光ソナタ、ショパン数曲、ラフマニノフ、プロコフィエフを
弾きましたが、勢いがあり大変繊細で、構成力も
素晴らしかったです。特に、プロコの戦争ソナタ7番は
衝撃的なうまさでした。何度でも聴きたい。
戦争の様子、正気を失った人間の心、
犠牲になった霊が浮遊しているイメージが
まざまざと浮かび、3楽章の最後なんてどうなるかとダッシュ
心が満たされました・・・
別日にN響との共演も組んでいて、ゲネプロの前も後も、
ずっと練習していたようで(N響メンバーの話)、それで
本番も弾き切って、その体力と集中力にたまげたそう。 

天才(どの分野でも)は、神が世のために、
何年かに一人、生み出している気がしました。

| 2011,06,12, Sunday05:41 PM/大島彩子 | その他 |
| comments (2) | trackback (0) |

コメント

| DION | EMAIL | URL | 2011/06/16 12:12 AM | YGyr/KYg |

♪ 専門的なことは全く分かりませんが
 素晴らしい演奏を聞かれることによって、御自身の演 奏への反映、一音へのこだわりや音の表現力といった 感性が研ぎ澄まされて、新たなパワ-になるのでしょう か。

♪ 生意気なコメント
 大変失礼申し上げました。


| 音彩 | EMAIL | URL | 2011/06/17 01:35 PM | dW0hxAdM |

見えないところで、感性は刺激されていると思いますが。。。努力ではどうにもならない生まれ持ったレベルを感じますね。もちろん、彼らは、超越した努力する力も持ち合わせているのでしょうけど。


コメントする










{CMTCAPTCHA}
この記事のトラックバックURL
http://www.onsai.info/blog/tb.php/56

トラックバック

▲ page top

←前のページ

次のページ→