音彩

~ 音の彩り ~

←前のページ

次のページ→

指導の楽しさ


指導というのは、大変おもしろいものだと
最近強く感じます。

それぞれが自分なりの目標を持ち、悔しい思いや
嬉しい気持ちを、一緒に味わうことができます。

先日も、卒業式の歌の伴奏をしたいと、たくさん練習し、
オーディションまでソワソワし、心配していた生徒さんが、
見事選ばれたのを聞いた時は、私も本当に嬉しく、
こんな私でも、少しは役に立てているのかもと、嬉しくなります。

どんなお子さんでも、なにかできると、それがきっかけで
様々な分野への自信につながっていくことがあるようです。
一回ダメだったことも、次回克服できれば、
やればできるのだということを実感できる。
それが、どんなことにも前向きになれ、少しのことでは
くじけない、強い人間になれる手助けを
ピアノで味わわせてあげることが、私にできることだと
最近常々感じます。
またピアノ(ピアノに限りませんが)は、たくさん努力して
やっと一曲弾けるようになったからといって
他の曲もすべて弾けるわけではなく、新曲はまずは譜読みという、
全ての音を読み取ることから、終わり無き表現の創作なので
自然と忍耐力が身につけられるのだと思っています。

| 2011,03,30, Wednesday03:26 PM/大島彩子 | その他 |
| comments (1) | trackback (0) |

コメント

| Lucky | EMAIL | URL | 2011/03/30 11:34 PM | 2H1zAi8. |

ピアノって…

音楽って…

人生の縮図みたいですね


人生の

表現を…

創作を…

ピアノを通して、終わることなく模索していきたいです*****


コメントする










{CMTCAPTCHA}
この記事のトラックバックURL
http://www.onsai.info/blog/tb.php/44

トラックバック

▲ page top

←前のページ

次のページ→