音彩

~ 音の彩り ~

←前のページ

次のページ→

ルイサダのドビュッシー


先日、ジャン=マルク・ルイサダのリサイタルを聴いてきました。
なんと熊本に来てくれたので即買ダッシュ(熊本県立劇場)。

ショパンマズルカの出だしの一音から、これまで聴いたことのない音色。
これがピアノの音??
宇宙空間をふわふわと浮いているような、なんとも心地のよい、
不思議な感覚でした。

後半、楽しみにしていた、ドビュッシー前奏曲一巻より抜粋。
これまた、衝撃。
ドビュッシーってなんておもしろいの!!

これまでのドビュッシーに、音色や色彩、微妙な音の調和の良さは
感じてきましたが、ルイサダのドビュッシーは、そのあたりはもちろん、
立体的、まさに絵画的な音楽を明確に感じることができました。
ドビュッシーの音色は言うまでもありませんが、一曲の中に、いろいろな
種類の音色、それも一つのピアノ、一人の体から出しているとは思えない、
多彩な音色が次々と溢れ出し、美しく混ざり合い、
素晴らしく構成されていました。
今回、ドビュッシーの本質に初めて触れることができた気がし、
ドビュッシーの虜になりそう。 さすが、ルイサダ!

私個人意見としては、ショパンコンクール優勝ならなかったのは、
きっと個性的すぎてしまったからでは??

ちなみにルイサダのCDは持っていますが、今回の音色の衝撃は、
生だからこそのものでした。

| 2013,11,21, Thursday12:20 PM/大島彩子 | その他 |
| comments (0) | trackback (0) |

コメント

コメントする










{CMTCAPTCHA}
この記事のトラックバックURL
http://www.onsai.info/blog/tb.php/202

トラックバック

▲ page top

←前のページ

次のページ→